日清食品グループ

リセット

ダイバーシティの推進 | 社員

ダイバーシティの推進

推進体制

日清食品グループは、基本的人権を尊重し、性別、年齢、国籍、障がいの有無、性的志向、キャリアなどの属性を超えて、多様な価値観を持つ人材がその能力を最大限に発揮できる職場環境の実現に取り組んでいます。また、人材の採用時、採用後の昇進・昇格についても、公平で公正な対応を図っています。
さらに、人材の多様化を推進するため、人事部のダイバーシティ専任者と有志メンバーによる「ダイバーシティ委員会」を設けています。この委員会が中心となって、各種施策を実施しています。2017年度からは、ダイバーシティを推進するリーダーやチームを表彰する制度「NISSIN DIVERSITY AWARD」を設けています。2018年度は77件の応募に対し、5件に賞を授与しました。
加えて、会社や仕事に対する社員の意識や価値観を把握するために、国内のグループ社員を対象に意識調査を毎年実施しています。その中には、「会社は国籍、性別などさまざまな違いを尊重し、認め合う風土を作っているか」という質問を設けており、ポジティブな回答をした社員の割合は2015年度の52%から、2018年度には12ポイント上昇し64%となりました。

社員への啓発

  • ダイバーシティに関する社内セミナー
  • 社員間の交流を促すイベント
  • 社員の相互理解を促す川柳の公募・発表

女性の能力開発

日清食品グループは、女性の活躍をダイバーシティ推進の優先事項に挙げ、働きやすい就業制度や社内の意識改革に取り組んでいます。また、女性向けの研修を充実させており、2017年度からは女性管理職向けのワークショップも開始しています。なお、日清食品ホールディングスは、経団連の「女性の役員・管理職登用に関する自主行動計画」にも参画しています。
2019年3月には、女性活躍推進に優れた企業として経済産業省と東京証券取引所から「準なでしこ銘柄」に選定されました。「準なでしこ銘柄」は、「なでしこ銘柄」の次点として経済産業省と東京証券取引所が業種枠数なく選定する銘柄です。

研修制度

若手女性社員向け
  • 業界特有の悩みや課題を議論し解消する「女性キャリアプランニング研修」 (食品業界の他社と合同で開催)
  • 営業担当が先輩社員に気軽に相談し、助言を受けることができる「シスター制度」
女性リーダー向け
  • 管理職、リーダー候補として活躍している女性社員を対象にコーチングの学習・実践、リーダーシップやマインドフルネスの要素を取り入れた研修

目標

2016年4月1日から2021年3月31日までの5年間で

  • 新卒採用 (総合職) における女性採用比率25%以上
  • 女性管理職比率8%以上
  • 2018年度の数値は、サイト下に掲載されている「人事・労務データ」を参照して下さい。

育児との両立支援

子どもを持つ社員向けに、仕事と育児の両立を支援する環境整備をしています。例えば、育児休業中の女性社員には能力開発策としてeラーニングの受講推奨や、社外研修に派遣しています。復職時には不安解消のための面談を実施しています。また、直属上司には育児中の社員との関わり方をテーマにした研修を開催しています。これらの施策やテレワーク制度、拘束時間のないフレックスタイム制度などが評価され、2019年2月に厚生労働省から子育てサポート企業として「プラチナくるみん」の認定を受けました※1。
2018年度は、育児休業を取得した女性社員の全員が復職しました。また、42名の女性社員※2が育児短時間勤務制度を利用しました。

  • ※1 「くるみん」は2016年に認定取得済
  • ※2 日清食品籍の社員 (日清食品ホールディングス、日清食品チルド、日清食品冷凍などへ出向している社員を含む)

目標

2018年4月1日から2020年3月31日までの2年間で

  • こども休暇 (子育てを目的とした男性社員向け休暇) の取得率70%以上
  • 2018年度の取得率は61.5%

制度 (法定制度を除く)

育児中の社員向け
  • eラーニングや研修などによる能力開発支援
  • 育児休業から早期復職するための補助施策、復職前面談
  • 非常時の保育料補助
  • 育児短時間勤務 (小学3年生までの子どもを持つ社員が対象)
  • こども休暇 (子育てを目的とした男性社員向け休暇)
  • 失効年次有給休暇の育児利用
  • 拘束時間帯のないフレックスタイム ※
  • テレワーク ※
  • 半日有給休暇 ※
  • 育児に限定せず、どの社員も利用可

介護との両立支援

フレックスタイム制度や在宅勤務、失効年次有給休暇の介護利用などによって、柔軟に働ける環境を整えています。2018年度は1名※ が介護休業を取得しました。

  • 日清食品籍の社員 (日清食品ホールディングス、日清食品チルド、日清食品冷凍などへ出向している社員を含む)

障がいのある社員の活躍

日清食品グループは、障がい者雇用の促進と働きやすい環境の実現に努めています。2020年3月末現在、日本国内におけるグループ全体 (特例子会社含む) ※1 で66名の障がい者が就労しています。
なお、2019年度の障がい者雇用率 ※2は、法定雇用率の2.2%を上回る2.36%です。 

  • ※1日清食品ホールディングス、日清食品、日清食品チルド、日清食品冷凍、明星食品、日清食品ビジネスサポートプラスの全事業所
  • ※2日清食品籍、日清食品ビジネスサポートプラス、明星食品の従業員
COLUMN

日清食品ビジネスサポートプラスの活動

障がい者の雇用を促進するために2013年に設立した特例子会社「日清食品ビジネスサポートプラス」では、2020年3月末現在、32名の障がい者が就労しています。業務内容は、グループ会社のビルメンテナンス (清掃) やオフィスサポート (郵便物の仕分けやデリバリー) などのほか、最近では名刺作成や製品サンプルづくりにも業務の幅が広がっています。 
さらに、就業状況の見学や実習を受け入れることで障がい者雇用への理解を深め、障がい者の就業機会拡大を支援しています。2019年度は、東京本社と大阪本社、日清食品グループの技術・開発・研究の拠点「the WAVE」合わせて40件の見学を受け入れ、郵便物の仕分けや清掃作業などの様子を見ていただきました。特別支援学校などから実習生も受け入れており、2019年度は3カ所で25件の実習を受け入れました。日清食品ビジネスサポートプラスは、これまでに実施してきた障がい者の就労支援に対する活動が高く評価され、「平成30年度 東京都教育委員会事業貢献企業等に対する表彰」を受けました。 

定年後の継続雇用

60歳で定年退職した後、継続雇用を希望する社員を対象に65歳まで働ける環境を整えています。2019年3月末現在の再雇用者数は73名です。

  • 日清食品籍の社員 (日清食品ホールディングス、日清食品チルド、日清食品冷凍などへ出向している社員を含む)

グローバル人材の採用

グローバルな事業展開に向け、国籍を問わず優秀な人材の採用を進めています。2013年にインド日清、2015年に米国日清、2017年にメキシコ日清で現地国籍の社長が就任しました。なお、2020年3月末現在、海外事業会社における現地国籍の管理職者比率は68%です。
日本国内でも外国籍の社員が活躍しており、2020年3月末現在、日清食品籍の外国人就労社員数は34名です。その他、海外の大学を卒業した社員も就労しています。

LGBTへの意識向上

2016年度に導入した「ハラスメント対応基準書 (ハラスメントの対象となる言動と処分内容を明確にした基準書) 」に、性差別意識に基づく言動を禁ずることを明記しています。また、海外赴任者研修および新任管理職研修の中に、LGBTに関する内容を含めています。

人事・労務データ ※1, 2
年度 ※3 2016 2017 2018 2019
社員数 (人) 合計 2,044 2,168 2,194 2,266
正社員
(男性・女性)
1,855
(1,548・307)
1,983
(1,645・338)
2,027
(1,667・360 ※6)
2,107
(1,710・397)
契約社員
(男性・女性)
189
(105・84)
185
(107・78)
167
(99・68)
159
(102・57)
新卒採用者数 (うち女性) (人) 52 (11) 61 (11) 48 (11) 44 (11)
新入社員3年未満の離職率 (%) 13.0 10.5 11.5 23.0
女性管理職比率 (%) 2.9 3.8 4.0 ※6 5.2
再雇用者数 (人) 56 60 73 98
正社員の平均勤続年数 (年)
(男性・女性)
12.9
(13.5・9.9)
12.2
(12.7・9.7)
11.9
(12.4・9.6)
11.4
(11.9・9.2)
正社員の離職率 (%) 3.5 4.5 3.7 4.8
育児休業取得者数 (人) (うち男性) 33 (4) 32 (4) 38 (2) 50 (4)
介護休業取得者数 (人) 1 1 1 0
有給休暇消化率 (%) ※4 63.3 76.8 96.6 94.7
障がい者雇用率 (%) ※5 2.06 1.97 2.18 2.36
  • ※1日清食品籍の社員 (日清食品ホールディングス、日清食品チルド、日清食品冷凍などへ出向している社員を含む)
  • ※2日清食品ビジネスサポートプラス籍の社員
  • ※3 年度末である3月末時点
  • ※4対象:非管理職
  • ※5対象:日清食品籍、日清食品ビジネスサポートプラス、明星食品の従業員
  • ※6女性正社員数と女性管理職比率は第三者保証を受けています。

独立保証声明書

女性に関するデータ

対象者:国内・海外グループ会社の正社員

年度 2019
正社員全体に占める女性の割合 33%
全管理職に占める女性の割合 13%
幹部補佐に占める女性の割合 14%
経営層に占める女性の割合 9%
売上を生み出す部門 (営業部門やマーケティング部門など) における女性管理職の割合 14%

正社員の男女別賃金比率 (平均女性報酬/平均男性報酬)

年度 2019
国内グループ会社
役員 (基本給のみ) 58%
管理職 (基本給のみ) 105%
管理職 (基本給+その他ボーナス等の現金のインセンティブ) 99%
非管理職 82%
ページトップヘ