日清食品グループ

リセット

環境実績 | 環境

環境データ

国内の製造工場 (2018年度)

海外の製造工場

対象範囲

国内の製造工場
日清食品、札幌日清、味日本、日清化成、日清エフ・ディ食品、香川日清食品、東日本明星、西日本明星、ユニ・スター、埼玉日清食品、相模フレッシュ、四国日清食品、高松日清食品、三重日清食品、ニッキーフーズ、日清シスコ、日清ヨーク、ぼんち
海外の製造工場
連結子会社の製造工場※5
  • ※1 物流の対象は日清食品、日清食品チルド、日清食品冷凍、明星食品、日清シスコ、日清ヨーク、ぼんちです。(物流範囲:工場から卸店までの製品輸送)
  • ※2 製品重量には、ユニ・スター、相模フレッシュ、ぼんちを含んでいません。
  • ※3 廃棄物量には、ぼんちを含んでいません。また、2005年度の廃棄物量と再資源化率には、明星食品の数値が含まれておりません。
  • ※4 CO2排出量には、ユニ・スター、相模フレッシュ、ぼんちを含んでいません。
  • ※5 2015〜2017年度の数値には日清ユルドゥスを含んでいません。

算定方法

生産部門のCO2排出量は、「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令」に定めた方法により算定しています。
電力からのCO2排出量算出には、各電力会社の公表値 (前年度の排出係数) を採用しています。
海外における電力のCO2排出量算出には、IEA公表の国別排出係数を採用しています。
海外の製造工場の数値には、一部推計値を含みます。
国内外電力の熱換算係数は、3.6 (GJ/MWh) を採用しています。
物流部門は「エネルギー使用の合理化に関する法律」の規定にしたがって算定しています。

四捨五入による端数処理のため、各事業会社の合計値と合計が一致しない場合があります。
また、構成比の合計が100%とならない場合があります。

第三者保証

国内外の2017年度のCO2排出量、水使用量、廃棄物量は、第三者保証を受けています。
独立保証声明書

環境会計

環境保全効果

環境負荷項目 2016年度 2017年度 2018年度 効果※3
投入 総エネルギー (TJ) 2,189 2,211 2,242 -32
内訳 電力エネルギー (TJ) 888 875 894 -20
重油エネルギー (TJ) 0 0 0 0
ガスエネルギー (TJ) 1,301 1,336 1,348 -13
水 (m3) 1,457,619 1,501,911 1,564,103 -62,793
排出 CO2 (t-CO2) 118,216 117,415 117,959 -591
廃棄物 (t) 22,051 21,745 22,328 -591
廃棄物最終処分 (t) 92 85 103 -18
排水 (m3) 1,086,769 1,083,545 1,087,697 -4,585
BOD (t) 2 2 2 0
NOx (t) 22 25 26 -1
SOx (t) 0 0 0 0
  • ※1環境省 環境会計ガイドライン2005年度版に基づき算出
  • ※2集計範囲の内訳:日清食品国内全直轄工場・札幌日清・味日本
  • ※3効果=2017年度環境負荷量× (2018年度生産重量÷2017年度生産重量)-2018年度環境負荷量
ページトップヘ