日清食品グループ

リセット

百福士プロジェクト - 第9弾 チキンラーメン&カップヌードル 保存缶プロジェクト

第9弾 2012年8月

3分でできるおいしさを3年間保ちます。

チキンラーメン&カップヌードル 保存缶プロジェクト

2011年の東日本大震災以降、国内では防災意識の高まりとともに、食料備蓄の割合も増加する傾向にあります ※。インスタントラーメンは、長期保存ができて手軽に調理できるので、災害時の支援物資としても高く評価されています。日清食品グループでは、創業者精神の1つである「食足世平」(食が足りてこそ世の中が平和になる) にのっとり、災害発生時にはインスタントラーメンによるさまざまな支援活動を行ってきました。

「チキンラーメン&カップヌードル 保存缶プロジェクト」では、3年間の長期保存が可能な「チキンラーメン保存缶」と「カップヌードル保存缶」を日清食品が新たに開発。首都圏直下型の地震が危惧される神奈川県横浜市、東京都新宿区、また、インスタントラーメン発祥の地である大阪府池田市に、「チキンラーメン保存缶」と「カップヌードル保存缶」を合計5万食 (2万5千缶) を寄贈し、各自治体での防災備蓄に活用してもらっています。

  • 関東農政局調査では、防災用食料備蓄の割合は震災3ヵ月後の67%から1年後74%にアップ
ページトップヘ