日清食品グループ

リセット

百福士プロジェクト - 第24弾 日清EARTH FOOD WALKERプロジェクト

第24弾 2018年10月~2019年3月

日清EARTH FOOD WALKERプロジェクト

「日清EARTH FOOD WALKERプロジェクト」は、社員の健康増進と飢餓や貧困に苦しむ子どもたちへの支援をマッチングさせた社会貢献活動です。日清食品グループ従業員の有志400名が参加し、自身の健康と世界の飢餓問題*1 解決のため1日9,000歩*2 を目標に歩き、参加者全員の累計歩行距離で日清食品の創業者記念日*3 である2019年3月5日までに地球10周を目指します。
期限までに目標を達成した場合、日清食品ホールディングスから国連の食糧支援機関である国連WFPに100万円を寄付し、途上国の学校給食支援に役立てます。

参加者400名が日々積極的に歩いた結果、2019年10月から2019年3月3日の期間内で目標を達成し、日清食品ホールディングスから国連の食糧支援機関である国連WFPに100万円を寄付しました。寄付金は飢餓に苦しむ地域の子どもたちの学校給食支援に役立てられます。

  • ※1国連食糧農業機関 (FAO) が2017年に発表した報告書によると、世界では約8億1,500万人 (9人に1人) が飢餓に苦しんでいます。2015年に国連で採択された世界共通の目標である「持続可能な開発目標 (SDGs)」では、目標に「2030年までに飢餓を撲滅」することを掲げており、世界の飢餓問題は現代社会における喫緊の課題です。
  • ※2厚生労働省「健康日本21 (第二次)」による2022年の日常生活における歩数の目標値 (20~64歳):男性9,000歩、女性8,500歩。
  • ※3日清食品の創業者・安藤 百福の生誕日3月5日を創業者記念日と定めています。
ページトップヘ