日清食品グループ

リセット

誰にでもわかりやすい表記 | 食の安全

誰にでもわかりやすい表記

人間の色覚には個人差があり、文字色、色の組み合わせ、明暗で文字が見えにくいことがあります。日清食品グループは、製品の原材料の表示欄や調理方法などの文字・色を見やすくするユニバーサルデザイン (UD) の考え方を取り入れています。
2018年度は、製品パッケージに記載するお客さま相談室の連絡先をより見やすくなるよう変更しました。また、お客さまが製品購入の際に辛さや痺れの程度を想定できるよう、該当製品のパッケージに辛さや痺れレベルの表示を開始しました。

白地に青文字表示で文字を見やすく

「カップヌードル シーフードヌードル」(日清食品) は、白いカップにイメージカラーである青色とオレンジ色を使用していますが、白地にオレンジ色や黄色の文字が見えにくいという声がありました。そこで、白地に青文字での表示に変更しました。また、注意事項の欄を目に入りやすい位置に変更しました。

マークによる表示

日清ヨークでは、乳幼児をメインターゲットにした商品「トーマス乳酸菌フルーツミックス味 65ml×8」に、放射性物質の基準値を満たした製品であることを証明する「乳児用規格適用」の表示と、飲用時期の目安をお伝えするため「1さい頃から」を表記しています。

ページトップヘ