日清食品グループ

リセット

価値創造プロセス

価値創造プロセス

VALUE CREATION
PROCESS

上下にスクロールしてご覧ください。

原点となる理念

MISSION

創業者精神

安藤百福のイラスト
食足世平 しょくそくせへい
食創為世 しょくそういせい
美食賢食 びしょくけんしょく
食為聖職 しょくいせいしょく
安藤百福のイラスト
VISION

EARTH FOOD CREATOR

地球のイラスト
VALUE

大切な4つの思考

人のイラスト Creative Happy Unique Global

社会課題

自社グループが取り組む主要な社会課題

  • 食の安全安心
  • 気候変動
  • 資源循環
  • 持続可能に配慮した調達活動
  • 生物多様性
  • 飢餓・貧困
  • オーバーカロリー
  • 隠れ栄養失調
  • フードデザート
  • ダイバーティシー&インクルージョン

資本

成長を支えイノベーションを生み出す基盤

財務資本

健全な財務体質と高い収益性
  • 親会社所有者帰属持分比率: 57.9%
  • Netdebt / EBITDA: △0.3x
  • フリーキャッシュフロー: 462億円

製造資本

グローバルな事業活動を支える製造拠点と高い品質
  • グループ生産拠点: 国内36社 / 海外26社
  • 設備投資額: 340億円
  • 関西工場不良品発生率: 100万分の1以下

知的資本

技術革新力を支えるR&D拠点と新規事業への投資
  • グループ全体保有特許数: 国内397、海外638
  • 研究開発費: 79億円
  • 新規事業投資: 既存事業コア営業利益の5〜10%

人的資本

事業を支える食文化創造集団
  • 女性管理職: 5.4%
  • 社員エンゲージメント (企業理念への共感) : 79%
  • 海外国籍従業員比率: 51%

社会・関係資本

すぐれたマーケティングノウハウに培われたブランド力
  • 広告宣伝費: 143億円
  • お客様の声をもとにした製品改善: 35件 (年間)
  • カップヌードル販売国数100ヵ国以上 / 販売額約 2,000億円 (当社調べ)

自然資本

EARTH FOOD CHALLENGE 2030 による「資源」と「気候変動」への取り組み
  • 取水量 (国内外): 11.3㎥ / 百万円
  • CO₂排出量 (スコープ1+2): 43.8万t CO₂
  • 持続可能なパーム油の調達率: 26%
  • 取引先へのサステナビリティ調査の実施

事業活動・アウトプット

自社ビジネスとコアとなる強み

ガバナンス

コアとなる強み

マーケティング

イノベーション

幅広い食の創出

国内即席めん
海外事業
国内非即席めん
新規事業

アウトカム

自社ビジネスが創出する 経済価値と社会的価値

経済価値

価値区分 経営指標 中長期目標値
成長性 既存事業コア・営業利益成長率 一桁台半ば
効率性 ROE 長期的に10%
安全性 純有利子負債 / EBITDA倍率 ≦ 2倍
安定的株主還元 相対TSR(TOPIX食料品対比) > 1倍

非財務価値

重点取り組みテーマ
  • 食の安全・安心
  • テクノロジーによる食と健康のソリューション提供
  • 責任ある製品表示・お客様コミュニケーション
  • 気候変動問題へのチャレンジ
  • 資源有効活用へのチャレンジ
  • 持続可能なサプライチェーンの構築
  • 人材育成、イノベーティブな組織基盤の開発

インパクト

アウトカムの 積み重ねにより 実現する社会への価値

創業者精神の体現

SDGsへの貢献

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
  • 1. 貧困をなくそう
  • 2. 飢餓をゼロに
  • 3. すべての人に健康と福祉を
  • 4. 質の高い教育をみんなに
  • 5. ジェンダー平等を実現しよう
  • 6. 安全な水とトイレを世界中に
  • 7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 8. 働きがいも経済成長も
  • 9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10. 人や国の不平等をなくそう
  • 11. 住み続けられるまちづくりを
  • 12. つくる責任 つかう責任
  • 13. 気候変動に具体的な対策を
  • 14. 海の豊かさを守ろう
  • 15. 陸の豊かさも守ろう
  • 16. 平和と公正をすべての人に
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう

持続的な事業の好循環へ

社会課題の緩和・解決と資本の強化

原点となる理念