日清食品グループ

リセット

カップヌードル「辛麺ダンス 篇」

カップヌードル「辛麺ダンス 篇」

放送開始日
2021.09.01~
放送地区
全国
出演
Jackson Myles Chavis・Nick Kosir

企画意図

「しなやかに波打つヌードル。まるで僕のようさ。」とでも言いたげにウェイビーヘアをなびかせる、SNSで全米を席巻中のダンサーJackson Myles Chavis。
「辛いだけでも、旨いだけでもない。まるで僕のようだね。」とでも言わんばかりの表情を浮かべる、気象予報士6:ダンサー4のダンシングウェザーマンNick Kosir。
2人のクセになるダンスで、旨味6:辛さ4の新商品“カップヌードル辛麺”のクセになるおいしさを表現するのが狙いです。
アメリカでオンエアしたらバズること間違いナシのCMです。

ストーリー

このCMにストーリーはない。そこにあるのは、愛とか絆といった類の何かだ。
背後に降りしきる唐辛子。
両脇に積み重なっていくグラフィティテイストの「旨」と「辛」の文字。
ワールドクラスのアニメーションダンスを披露するパーカーとスーツのアメリカ人。

場所を超えて、国籍を超えて、言葉を超えて、人と人がつながろうとすることに
理由などないように、そこに理由や意味は必要ないように思えた。

旨い、辛い、と世界を分断するのではなく、旨辛の新定番を作っていく。
大丈夫。僕らが諦めない限り、人類の未来はきっと明るい。

撮影こぼれ話

2021年夏、TOKYOで「オ」からはじまる熱いイベントが開催された。
そう、ロサンゼルスと東京をつなぐ「オンラインリモート撮影」だ。

「今日は何だか雰囲気が違うね」と、監督がアングルチェック用のモデルとご本人を見間違えるというケアレスミスを皮切りに、ダンス撮影が始まった。
「SNSにダンスを投稿してただけでCMが決まっちまったぜ!」という興奮と、「なぜ異国のよく分からないCMに出ちまったんだ?」という後悔。
その狭間で揺れながら、NickとJacksonは踊り続けた。

そして、なぜか食べカット撮影直前に食事を済ませてきた彼らは、満腹のお腹に辛麺を何度も流し込んだ。
「麺をすするのは、ダンスより難しいね」世界的ダンサーにそう言わしめて、ついにCMが完成した。
遠く離れた地でぐったりとした疲労感を共有しながら、彼らが帰り際に発した「Thanks, bro!」という言葉を聞いたとき、私たちはたしかに兄弟になっていた。
ページトップヘ