日清シスコ3つの強み

90年を越える歴史があり、
数多くのロングセラー商品を持つ。

当社は今年で創業95年目を迎える歴史と技術がある会社であり、「エースコイン(1955年発売)」、「シスコーン(1963年発売)」、「ココナッツサブレ(1965年発売)」、「チョコフレーク(1968年発売)」等、今もなおご愛顧いただいているロングセラー商品が数多くあります。
1つの商品を、50年以上の長きにわたり販売していくこと。これはお客様に商品の良さを認めていただいて、支持される商品をつくってきたということに他なりません。長い歴史の中で、日清シスコとしてのこだわりを貫きつつも、お客様の生活スタイルの変化や、時代のトレンドに合わせてリニューアルを行いながら、皆様に馴染みの深い商品として愛され続けているのです。


※全て発売当初のパッケージ

日清食品グループの“第2の収益の柱”
「菓子・シリアル事業」を担う。

当社は、創業事業である「菓子事業」と、成長事業である「シリアル事業」の両輪で取り組むことで成長を続けています。菓子事業では、「ココナッツサブレ」を100年ブランドへ、シリアル事業では、近年の成長を牽引している「ごろっとグラノーラ」の更なるブランド価値向上、そして「シスコーン」の活性化を主なテーマとして掲げています。  
菓子・シリアル事業は、日清食品グループの2020年までの中期経営計画において、即席めん事業に次ぐ“第2の収益の柱”と位置づけられており、日清シスコは、グループ全体の成長に欠かせない中核事業会社です。

日清食品グループのシナジーを活かした
幅広い活躍の場が広がっている。

シリアルと菓子によって、堅調に成長しているユニークな事業構造を持つ当社は、キャリア育成面でたくさんのチャンスがあります。また、日清食品グループの一員として、シナジーを活かせる環境があります。
例えば、毎年実施し、現在や将来のキャリア志望を会社に伝える自己申告・キャリア申告制度、また、新しい仕事で自分の力を発揮したいという志を持った社員を支援する「公募ポスト制度」があります。一定の応募条件を満たせば、会社内の他部門、グループ会社の垣根を越えたポストへのチャレンジを大いに奨励する風土が息づいています。
このような環境が、日清シスコ、そして日清食品グループ全体の活性化を支える理由の一つとなっています。