日清シスコ3つの特徴

菓子・シリアル両事業で
ロングセラー商品が着実に
進化しています。

日清シスコは、日清食品グループにおいて“第二の収益の柱”である「菓子・シリアル事業」を担う中核事業会社です。
創業100年近くの歴史があり、「エースコイン(1955年発売)」、「シスコーン(1963年発売)」、「ココナッツサブレ(1965年発売)」、「チョコフレーク(1968年発売)」など、菓子・シリアル両事業でご愛顧いただいているロングセラー商品があります。これらの商品は、長い歴史の中で日清シスコとしてのこだわりを貫きつつも、お客様の生活スタイルの変化や、時代のトレンドに合わせてリニューアルを行い、着実に進化しています。
また2014年に新たなブランドとして誕生した「ごろっとグラノーラ」が大きく成長した結果、主力ブランドに仲間入りしました。
これまでは「創業事業の菓子」と「成長事業のシリアル」を両輪として事業が拡大してきましたが、現在では主力4ブランド(ココナッツサブレ・チョコフレーク・シスコーンBIG・ごろっとグラノーラ)の四輪で、着実に成長を続けています。

若手社員のチャレンジを推奨し、
成長を実感できる環境があります。

例えば営業職では、得意先や担当商品を一年目から任せられるほか、スーパーマーケットの陳列レイアウトを競う社内コンテストにおいて、例年入社二年目や三年目の若手社員が表彰されています。
また開発研究職では、自身の新商品アイデアを役員に対してプレゼンテーションするなど、意欲のある若手社員が活躍できる環境があります。

社員のワークライフバランス向上を
サポートする為の制度を拡充しています。

日清シスコには、社員のワークライフバランス向上のサポートを目的に、社員がオンとオフを切り替えてメリハリをつけて働ける為の施策や、年齢・性別にかかわらず、意欲のある社員が長く働ける為の制度があります。一例をご紹介しましょう。

【メリハリをつけた働き方】

週のうち1日をノー残業デーとして、定時退社を推奨しています。また、コアタイム無しのスーパーフレックス制度を一部で導入しており、メリハリをつけて働けますので、これらの施策・制度により、家族や友人と過ごす時間や、趣味に充てる時間を多く取る事が出来ます。

【育児と仕事の両立支援】

育児休業は最長2年間取得出来ます。
また、育児短時間勤務は小学校3年生修了時まで、かつ30分単位で取得可能ですので、社員の生活環境に合わせ、柔軟に働く事が出来ます。