神尾 貴広

財務のプロとして、数字面から
企業価値を上げていく

日清食品ホールディングス株式会社 財務経理部 2018年入社
神尾 貴広

※社員の所属は取材当時のものです。

- THEME 01 -

入社時の目標

財務・経理志望で就活をスタート。
出会った社員の明るい雰囲気に惹かれた

学生時代から、財務・経理職に興味を持っていました。就社ではなく、就職と考え、財務・経理を1年目から任せてもらえる企業に行こうと、就職活動を行っていました。この仕事に興味を持つようになったきっかけは高校3年生の時でした。ニュースで見た大手通信事業会社によるM&Aに、企業と企業の思惑が資本関係という形で明らかになるダイナミックさを感じました。大学は経営学部に進学し、数字で会社を見ることの面白さを学び、在学中に「日商簿記検定1級」の資格を取得することで、将来は事業会社で財務・経理の仕事がしたいと思うようになりました。
メーカーを中心に探す中で、日清食品のインターンシップに参加し、財務経理部に所属していた社員と話す機会がありました。とても話しやすく、風通しの良い雰囲気を感じました。最終的に日清食品を選んだ理由は、出会う社員の雰囲気が自分に合っていると感じたからです。まじめだけど、まじめじゃない。真剣に楽しいことにチャレンジしている社員が多く、「この人たちと一緒に働きたい!」と惹かれるものがありました。入社後は志望通り財務経理部に配属され、その中でも財務チームでキャリアをスタートさせています。

入社時の目標と現在の仕事

- THEME 02 -

資金の流れを司る、
責任ある役割が成長を促した

財務チームの仕事は、企業の資金調達・運用をいかにして効率的に行い、企業価値の向上に貢献していくかを考えることです。大きく分けると、「資金の管理」、「投資判断のサポート」、「資本政策の企画」の3つの仕事があります。入社後、最初に任された仕事は「資金の管理」でした。主に送金の手続きや資金残高のシミュレーション、また必要があれば借り入れを検討する仕事です。シミュレーションは人が行うものですので、万が一間違って資金をショートさせてしまうと、取引先や関係部署に多大な迷惑をかけてしまいます。毎日朝晩かかさず銀行残高をチェックし、緊張感ある日々を送っていました。新人でありながら、資金借り入れの効果やリスクについて役員への説明を任せてもらえたこともありました。学生時代に学んだことと異なり、仕事で扱うデータは膨大で統一性が無いことも多いため、適正な情報かを見極めた上で仮説を立てていくことが重要です。当時の私にとってはレベルの高い仕事でしたが、先輩のサポートのおかげでやり遂げることができました。年次にかかわらず成長の機会を与えてくれるのは、日清食品のチャレンジングなカルチャーならではです。苦労した分だけ、一つの数字が持つ背景まで考える習慣や、資金の流れについての理解を早い段階で身に着けることができました。

- THEME 03 -

成長のチャンスをくれる
会社に貢献したい

2年目には「資本政策の企画」をメイン業務とするチームに異動しました。ここでの大きなテーマのひとつが、「政策保有株式(いわゆる株式持ち合い)」について、対応方法を検討することでした。日本では古くから互いの会社の株式を持ち合うことで経営の安定化を図る「株式持ち合い」が習慣になっています。しかし、近年ではグローバル化が進む中で、「コーポレートガバナンス」の観点から持ち合いを解消していく方向にあります。その際に、どのようなリスクが生じるのかを様々な角度から検証しながら、株主に対する説明も含めて検討をしていきます。日清食品にとって、よりインパクトの大きい重要な仕事に不安はありましたが、やったことのない仕事こそ、成長のチャンスと捉え「やってやろう!」という気持ちで取り組んでいました。
現在は、社内外の多くの人が関わる財務関係のプロジェクトに携わっています。機密情報も多く詳細はお伝えできませんが、入社3年目からこうした大きなプロジェクトに携わることで、専門的な知識だけでなく、立場の違う社内外の相手とのコミュニケーションの力も養うことができていると感じています。判断に迷う事項があればすぐに上司に相談し、進め方を細かくすり合わせます。心掛けているのは、難しい案件であっても自分の意見は遠慮せずに伝えることです。それが、このプロジェクトを通じて妥協せず挑戦してきたという、自信や成長につながると思っています。

神尾 貴広

- THEME 04 -

これからの目標

周りのプロに学び、
企業価値向上に貢献していきたい

日清食品ホールディングスの財務経理部には、名の知れた監査法人や銀行で経験を積んできたキャリア入社の社員が多く、税理士や公認会計士資格を持つプロフェッショナルもたくさんいます。CFOとの距離も近く、会話する機会が多くあります。そのような恵まれた環境の中で、「もっと知識と経験の幅を広げたい!」と刺激を受け、税理士資格の取得にも挑戦中です。 将来的には、子会社や海外法人へ財務視点でのアドバイスなどが出来る存在になりたいです。財務・経理職は、事業を拡大する上で重要な役割を果たす、会社にとって無くてはならない存在です。いずれは自分が日清食品グループの企業価値向上にダイレクトに貢献できるようなビジネスパーソンになるべく、日々成長していきたいと思っています。

これからの目標

CAREER

  • 2018年
    5月〜
    (入社1年目)

    財務チームで資金の管理を担当。資金借り入れの効果やリスクについて役員へ説明する機会をもらい、若手にどんどんチャレンジさせる社風に感動。

  • 2019年
    12月〜
    (入社2年目)

    資本政策の企画をメイン業務とするチームで「政策保有株式」の業務に携わる。正しいと思ったことはきちんと意見することで、自らの成長機会を最大化しようと奮闘。

  • 2021年
    2月
    (入社3年目)

    社内外の関係者が多い大きな財務プロジェクトに携わる。様々な部署の方の意向を調整しながら、いかにスケジュール通りに終えられるか。プロジェクトマネジメントを学ぶ機会になっている。

  • 5年後

    財務経理部内の様々な仕事で経験を積み、子会社や海外法人へ財務視点でのアドバイスが出来る“財務のプロ”として、頼られる存在になりたい。