日清食品グループ

リセット

データ集

環境

国内の事業所 (2019年度)

海外の事業所

対象範囲

国内の事業所
  • 日清食品ホールディングス (東京・大阪本社、the WAVE)、明星食品 (食品研究所)
    (上記事業所は、2018年度と2019年度のエネルギー投入量およびCO2排出量のみ)
  • グループ会社の製造工場
海外の事業所
グループ会社の製造工場 (2016〜2017年度の数値には日清ユルドゥスを含んでいません。)
  • ※12005年度と2016年度~2017年度のエネルギー投入量とCO2排出量には、ユニ・スター、相模フレッシュを含んでいません。
  • ※2物流の対象は日清食品、日清食品チルド、日清食品冷凍、明星食品、日清シスコ、日清ヨーク、ぼんちです。(物流範囲:工場から卸店までの製品輸送)
  • ※3製品重量には、ユニ・スター、相模フレッシュを含んでいません。
  • ※42005年度の廃棄物量と再資源化率には、明星食品を含んでいません。また、2005年度と2016年度~2018年度にはぼんちを含んでいません。
  • ※5製品重量あたりのCO2排出量には、ユニー・スター、相模フレッシュ、ぼんちを含んでいません。

算定方法

生産部門のCO2排出量は、「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令」に定めた方法により算定しています。
電力からのCO2排出量算出には、各電力会社の公表値 (前年度の排出係数) を採用しています。
海外における電力のCO2排出量算出には、IEA公表の国別排出係数を採用しています。
海外の製造工場の数値には、一部推計値を含みます。
国内外電力の熱換算係数は、3.6 (GJ/MWh) を採用しています。
物流部門は「エネルギー使用の合理化に関する法律」の規定にしたがって算定しています。

四捨五入による端数処理のため、各事業会社の合計値と合計が一致しない場合があります。
また、構成比の合計が100%とならない場合があります。

第三者保証

2017年度以降のCO2排出量、水使用量、廃棄物量は、第三者保証を受けています。

スコープ別温室効果ガス排出量

2018年度のスコープ別温室効果ガス排出量

  CO2排出量 (千t) 温室効果ガス総排出量に対する比率
Scope1 237 5.8%
Scope2 179 4.4%
Scope3 3,655 89.8%
カテゴリー1: 購入した製品・サービス 2,328 57.2%
カテゴリー2: 資本財 232 5.7%
カテゴリー3: "Scope1, 2 に含まれない燃料及びエネルギー関連活動" 57 1.4%
カテゴリー4: 輸送、配送 (上流) 374 9.2%
カテゴリー5: 事業から出る廃棄物 9 0.2%
カテゴリー6: 出張 4 0.1%
カテゴリー7: 雇用者の通勤 20 0.5%
カテゴリー8: リース資産 (上流) (対象外) -
カテゴリー9: 輸送、配送 (下流) 253 6.2%
カテゴリー10: 販売した製品の加工 (対象外) -
カテゴリー11: 販売した製品の使用 289 7.1%
カテゴリー12: 販売した製品の廃棄 89 2.2%
カテゴリー13: リース資産 (下流) (対象外) -
カテゴリー14: フランチャイズ (対象外) -
カテゴリー15: 投資 (対象外) -
2018年度の温室効果ガス総排出量 (Scope1,2,3合計) 4,070 100.0%
  • スコープ1:事業者自らによる直接排出量。スコープ2:他社から供給された電気・熱・蒸気の使用に伴う間接排出量。スコープ3:スコープ1、2以外の事業者による間接排出量。15のカテゴリーがある。

対象範囲

・スコープ1,2
日清食品ホールディングス (東京・大阪本社、the WAVE)、明星食品 (食品研究所) と国内・海外グループ会社の製造工場におけるCO2排出量
・スコープ3
日清食品ホールディングスと、国内・海外グループ会社のサプライチェーンにおけるCO2排出量
 

算定方法

環境省の「サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定に関する基本ガイドラインVer2.6」と「GHGプロトコルSCOPE3算定報告基準」に基づき計算

スコープ別温室効果ガス排出量

第三者保証

スコープ3のCO2排出量は、第三者保証を受けています。

環境会計

環境保全効果

環境負荷項目 2017年度 2018年度 2019年度 効果※3
投入 総エネルギー (TJ) 2,211 2,242 2,511 -178
内訳 電力エネルギー (TJ) 875 894 1,020 -89
重油エネルギー (TJ) 0 0 0 0
ガスエネルギー (TJ) 1,336 1,348 1,491 -88
水 (m3) 1,501,911 1,564,103 1,758,178 -130,845
排出 CO2 (t-CO2) 117,415 117,959 127,327 -4,600
廃棄物 (t) 21,745 22,328 24,857 -1,626
廃棄物最終処分 (t) 85 103 74 33
排水 (m3) 1,083,545 1,087,697 1,321,571 -189,904
BOD (t) 2 2 1 0
NOx (t) 25 26 25 1
SOx (t) 0 0 0 0
  • ※1環境省 環境会計ガイドライン2005年度版に基づき算出
  • ※2集計範囲の内訳:日清食品国内全直轄工場 (関東工場、静岡工場、関西工場、滋賀工場、下関工場)・札幌日清・味日本
  • ※3効果=2018年度環境負荷量× (2019年度生産重量÷2018年度生産重量)-2019年度環境負荷量

人事・労務

人事・労務データ ※1, 2

年度 ※3 2016 2017 2018 2019
社員数 (人) 合計 2,044 2,168 2,194 2,266
正社員
(男性・女性)
1,855
(1,548・307)
1,983
(1,645・338)
2,027
(1,667・360 ※6)
2,107
(1,710・397)
契約社員
(男性・女性)
189
(105・84)
185
(107・78)
167
(99・68)
159
(102・57)
新卒採用者数 (うち女性) (人) 52 (11) 61 (11) 48 (11) 44 (11)
新入社員3年未満の離職率 (%) 13.0 10.5 11.5 23.0
女性管理職比率 (%) 2.9 3.8 4.0 ※6 5.2
再雇用者数 (人) 56 60 73 98
正社員の平均勤続年数 (年)
(男性・女性)
12.9
(13.5・9.9)
12.2
(12.7・9.7)
11.9
(12.4・9.6)
11.4
(11.9・9.2)
正社員の離職率 (%) 3.5 4.5 3.7 4.8
育児休業取得者数 (人) (うち男性) 33 (4) 32 (4) 38 (2) 50 (4)
介護休業取得者数 (人) 1 1 1 0
有給休暇消化率 (%) ※4 63.3 76.8 96.6 94.7
障がい者雇用率 (%) ※5 2.06 1.97 2.18 2.36
  • ※1日清食品籍の社員 (日清食品ホールディングス、日清食品チルド、日清食品冷凍などへ出向している社員を含む)
  • ※2日清食品ビジネスサポートプラス籍の社員
  • ※3 年度末である3月末時点
  • ※4対象:非管理職
  • ※5対象:日清食品籍、日清食品ビジネスサポートプラス、明星食品の従業員
  • ※6女性正社員数と女性管理職比率は第三者保証を受けています。

独立保証声明書

女性の割合

対象者:国内・海外グループ会社の正社員

年度 2019
正社員全体に占める女性の割合 33%
全管理職に占める女性の割合 13%
幹部補佐に占める女性の割合 14%
経営層に占める女性の割合 9%
売上を生み出す部門 (営業部門やマーケティング部門など) における女性管理職の割合 14%

正社員の男女別賃金比率 (平均女性報酬/平均男性報酬) ※

年度 2019
国内グループ会社 海外グループ会社 国内・海外グループ会社
役員 (基本給のみ) 58% 65% 60%
管理職 (基本給のみ) 105% 120% 90%
管理職 (基本給+その他ボーナス等の現金のインセンティブ) 99% 113% 89%
非管理職 82% 102% 67%
  • 賃金は性別に関係なく同一の基準を適用していますが、人数、等級、在籍年数の違いなどにより男女で差が生じています。

社会貢献

2019年度の社会貢献関連支出額:約11億円

対象:日清食品ホールディングスと日清食品を中心に、その他6社の一部活動

【内訳(百万円)】
  • ・金銭寄付:1,015
  • ・社員の人件費:45
  • ・運営管理費:42
  • ・物品寄付:16

コンプライアンス

2019年度の顧客情報の漏えい件数:0件

対象:国内・海外グループ会社

ページトップヘ