日清食品グループ

リセット

社員の健康増進

健康経営の推進

日清食品グループは、全社員が常に健康な状態を維持し、能力を最大限に発揮して業務に当たることを経営上の最重要課題の一つと考え、社員の健康に関するさまざまな対策を実施しています。
2018年8月に「日清食品グループ健康経営宣言」を策定し、具体的な健康経営の推進体制を構築しました。日清食品ホールディングス代表取締役社長・CEOの安藤宏基が責任者となり、社員の健康に関するさまざまな対策を実施しています。また、対策の内容は定期的に当社グループ会社の役員が集まる経営会議などで報告しています。
一連の健康増進に対する取り組みが評価され、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人 (ホワイト500)」に、2019年、2020年と2年連続で認定されました。

日清食品グループ健康経営宣言

「美健賢食」-美しく健康な体は賢い食生活から-

食を通じてお客さまの健康づくりに貢献することは、 私たちの大きなミッションの一つです。

そのためには、まず社員が健康でなければなりません。 当社グループは、社員の心身の健康保持・増進を、重要な経営課題と位置付けます。 社員の自主的な健康活動を期待し、 会社はこの積極的支援や、 社員が健康に働ける労働環境づくりに、取り組んでいきます。

日清食品ホールディングス株式会社
代表取締役社長・CEO 安藤宏基

充実した健康診断

生活習慣病の早期発見、早期治療のため、日清食品籍の社員※1を対象に法定健診で実施される検査を上回る項目で健康診断を実施しています。また、メタボリック症候群の予備軍に当たる社員には、精密検査の受診を徹底するよう強く呼びかけています。その結果、2017年度に58.7%だった再検査受診率が、2019年度は87%に改善しました。BMIと血圧についての目標も掲げており、2018年度は基準値範囲内※2の社員の割合を、2021年度までに70%、80%へそれぞれ引き上げるべく、産業医や看護職による保険指導などを実施しています。
さらに、日清食品籍の社員※1を対象にした人間ドックについて、従来は管理職のみを対象としていましたが、2019年度から45歳、50歳、55歳の社員にも拡大し、専門検査の受診も積極的に推奨しています。また、社員の健康診断結果を分析し、病気になる可能性が高い社員には保健指導や産業医面談、病院の紹介などを行っています。なお、治療しながら勤務する社員に対しては、本人からの相談に応じて統括産業医や産業看護職から助言することで、仕事と治療の両立を支援しています。


  • ※1対象者: 日清食品籍の社員 (日清食品ホールディングス、日清食品チルド、日清食品冷凍などへ出向している社員も含む)
  • ※2BMI:18.5~24.9、血圧:収縮期130mmHg未満かつ拡張期85mmHg未満
2017年度 2018年度 2019年度 2021年度の目標
再検査受診率 58.7% 70.1% 87% 90%
BMIが基準値範囲内の社員 - 67.5% 66.8% 70%
血圧が基準値範囲内の社員 - 76.2% 76.1% 80%
保険指導の件数 68 345 591 -

24時間受け付ける相談窓口を設置

健康、医療、介護、育児、メンタルヘルスなどの相談を受け付ける社外サービスを導入しており、社員とその家族は、メールや電話で24時間いつでも相談することが可能です。また、2018年4月からは日清食品ホールディングス東京本社において看護師による健康相談窓口を開設し、健康相談や医療相談、メンタルヘルスについて気軽に相談できる体制を整えています。受け付けた相談は、産業医と連携することで、病気の予防、再発防止、また休職した社員の復職支援に生かしています。

プレゼンティーイズム調査

社員の健康課題を把握するため、2019年から年に1回、仕事の生産性に影響を与える体調不良の要因を特定する「プレゼンティーイズム調査」を実施しています。就業しながらも体調不良のせいで本来発揮されるべきパフォーマンス (職務遂行能力) が低下している状態を改善し、社員一人ひとりが能力を十分に発揮できるよう、この調査を通じて明らかになった課題を今後の対策に反映しています。

社員への啓発

社員への啓発活動にも力を入れています。

情報発信

イントラネットを通じて、健康増進に関する情報の発信や相談窓口を社員に告知

講演会

産業医による健康診断結果に基づいたセルフヘルスケアや、禁煙などをテーマにした講演会を定期的に開催

イベント

社会貢献活動「百福士プロジェクト」の中で、健康増進と飢餓や貧困に苦しむ子どもたちへの支援を両立する企画を定期的に実施※

  • ・2017年12月~2018年7月:1日7.5時間の睡眠を推奨する「六十年寝太郎プロジェクト」
  • ・2018年10月~2019年3月:1日9,000歩を歩くことを推奨する「日清EARTH FOOD WALKERプロジェクト」
  • この健康増進策が評価され、スポーツ庁の「スポーツエールカンパニー」および東京都の「東京都スポーツ推進企業」に2017年から3年連続で認定されました。
ページトップヘ