日清食品グループ

リセット

災害支援

WINAを通じた災害時の食料支援

自然災害などの有事の際、インスタントラーメンは非常に有用な支援物資となります。日清食品グループは、日清食品ホールディングス代表取締役社長・CEO 安藤宏基が会長を務める世界ラーメン協会 (WINA) を通じて、災害時の食料支援に取り組んでいます。また、WINAでは日清食品ホールディングスから社員4名が協会専属スタッフに就いています。
大規模災害の発生時には、WINAの現地会員企業や赤十字社などを通じて、被災地にインスタントラーメンを届けています。2008年5月から2020年3月までに、延べ62社の会員企業と共同で661万食のインスタントラーメンを寄贈しました。

2019年度のWINAによる食料支援
時期 災害 提供食数 WINAとの連携企業
2018年6月 グアテマラ火山噴火 カップヌードル10万食 メキシコ日清
9月 ラオス南部での大雨によるダム決壊の水害 カップヌードル1万食 タイ日清
インド南部ケララ州の洪水 Top Ramen 10万食 インド日清
10月 インドネシアスラウェシ島での地震・津波 Top Ramen 10万食 インドネシア日清
アメリカ東部ハリケーンフローレンス洪水 カップヌードル6.8万食 米国日清
2019年1月 インドネシア・バンテン州での津波 Top Ramen 10万食 インドネシア日清
2020年2月 新型コロナウイルス (COVID-19) 感染症 カップヌードル等2.5万食 香港日清

世界ラーメン協会 (WINA)

世界ラーメン協会 (World Instant Noodles Association 略称:WINA) は、インスタントラーメン業界の発展と世界の食生活への貢献を目的に、日清食品創業者である安藤百福が提唱し1997年に設立された業界団体です。加盟する企業や団体向けに「世界ラーメンサミット」や「食品安全会議」を開催するほか、インスタントラーメンを通じた災害支援活動を実施しています。2020年3月現在、25の国と地域から147の企業・団体 が加盟しています。

世界ラーメン協会 (WINA)

キッチンカーによる被災地支援

日清食品グループはイベント会場や量販店でインスタントラーメンを試食できるよう給湯機能を備えたキッチンカーを所有しています。日本各地で地震などの自然災害が発生した際には、キッチンカーを被災地へ派遣しています。2019年10月18、19日には、台風第19号の被災者を支援するため、長野市内の避難所2カ所を巡回し、社員が被災者の方々に「カップヌードル」を無償で提供しました。

東北復興を応援する製品の発売

明星食品は、2011年の東日本大震災以降、東北の復興を支援する製品作りを続けています。2013年からは東北の名店の味を再現した製品を販売しており、売り上げの一部を自治体の復興基金に寄付しています。2020年2月には「明星 大船渡秋刀魚だし黒船 さんまだし香る醤油ラーメン」を発売し、売り上げの一部を岩手県大船渡市の「ふるさと大船渡応援寄附」に寄付します。

ページトップヘ