日清食品グループ

リセット

子どもたちの健やかな成長を支援

途上国の子どもへの給食支援

途上国では子どもの3人に1人が慢性的な栄養不良に苦しんでいます。日清食品および日清食品冷凍は、途上国の学校に給食を提供する「国連WFPレッドカップキャンペーン」に参加し、対象製品の売り上げの一部を寄付しています。ほかに、日清食品グループでは、百福士プロジェクトや各種協賛イベントなどを通じて、途上国への学校給食支援を実施しています。

「国連WFPレッドカップキャンペーン」への寄付額

2012年度からの累計金額
約2憶5,000万円
  • 日清食品の「チキンラーメン」「チキンラーメンどんぶり」に加え、日清食品冷凍の「冷凍 日清チキンラーメン 金の炒飯」が対象です。

日本の子どもへの支援

日本ではおよそ7人に1人の子どもが貧困状態にあるといわれています。日清食品グループは、NPO団体への支援などを通じて子どもの貧困対策に取り組む「子供の未来応援基金」 (事務局:内閣府、文部科学省、厚生労働省、独立行政法人福祉医療機構) を支援しています。2016年度からの累計金額は205万8,000円となりました。
また、日清食品は、ベルマークを付けた製品を1961年から販売しています。ベルマーク運動は、ベルマーク教育助成財団が取り組んでいる、企業と消費者が協力して学校への教育設備や教材を支援する運動です。マークに付いている点数は1点当たり1円として換算し、学校に必要な教材備品の購入金として使用されます。

集票点数 (寄付)

2019年度
13,242,060点
  • 「チキンラーメン」「チキンラーメンMini」「チキンラーメンどんぶり」「出前一丁」「日清焼そば」「日清焼そば 大盛1.5倍」「日清焼そばU.F.O.」「日清ラ王5食パック」「日清のラーメン屋さん」が対象です。

食育

日清食品は、小学生を対象にした「チキンラーメン Oishiiしょくいくスクール」を2008年から全国各地で開催しています。実際に小麦粉をこね、麺をのばし、蒸した後に味付けする工程を体験してもらいながら、世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」がどのように作られているのかを紹介しています。さらに、食品の栄養バランスの重要性についても理解を深めてもらっています。2019年度は全国10カ所で20回実施し、448名の親子 (2008年度から累計で12,629名) が参加しました。

ベルマーク運動は、ベルマーク教育助成財団が取り組んでいる学校への教育設備や教材の支援に対して、企業と消費者が協力するものです。日清食品は、1961年から協賛企業としてベルマーク点数を付けた製品を販売しています。マークに付いている点数は1点当たり1円で換算され、学校に必要な教材備品の購入金として使用されています。

安藤財団の取り組み

公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団 (安藤財団) では、体験型食育ミュージアムの運営、スポーツ支援、自然体験活動の普及に取り組んでいます。詳しくは、以下のリンク先をご参照ください。

安藤財団の取り組み

ページトップヘ