WORK

WORK 職種紹介

「ブランド・クリエーションコース」「ビジネス・イノベーションコース」「R&Dコース」「生産技術コース」の
4つの採用コースを、代表的な部署・職種とともにご紹介します。
※エントリーの際は、希望するコースを1つ選択してください。コースの併願は不可です。

ブランド・クリエーションコース

ブランド価値を高める為、新たな食の可能性を追求し、
創造し続ける

マーケティング部、デザインルーム、宣伝部への初期配属を前提とした、クリエイターとしてプロフェッショナルを目指すコース。

DEPARTMENT

  • マーケティング部

    製品の企画立案を担当する部署。ハード設計からプロモーション戦略、販売戦略の立案に至るまで、関係各部署と協力しながら1つの製品が世に出るまでをリードする。

    総勢70名程度の社員が10のグループに分かれ、(例:カップヌードルは1G、どん兵衛は2G)担当ブランドのリニューアルや新製品の企画に取り組んでいる。

  • デザインルーム

    製品のパッケージデザインを中心に、店頭ポスターなどの販促物や、社内報からアニュアルレポートまで、様々な制作物のデザインを手掛ける。

    担当者ごとにブランドが分かれており、若手であっても専門的なスキルを活かした活躍が期待され、美術・芸術大学出身の社員が多く在籍している。

  • 宣伝部

    ブランドコミュニケーション戦略の立案及び実行に携わり、TVCMやWEB広告などの各種媒体を用いてユニークなプロモーションを行い、世の中を沸かせる。

    担当ブランドに応じて少人数のチームが編成され、マーケティング部と協力してブランド価値を高めるアウトプット制作をする。スポーツマーケティングやメディアバイイングを担当するチームも含めて、総勢20名程度のユニークな精鋭が集う部署。

WORKPLACE

  • 東京本社 外観

    東京本社 外観

  • 東京本社 内装

    東京本社 内装

  • 東京本社 食堂(KABUTERIA)

    東京本社 食堂(KABUTERIA)

INTERVIEW

ビジネス・イノベーションコース

会社全体の持続的な成長を支える為、
イノベーションを起こしていく

営業部門(一部管理部門)への初期配属を前提として、その後はジョブローテーションにより、幅広い仕事の選択肢があるコース。

DEPARTMENT

  • ビジネスソリューション部

    小売店や卸店などの取引先のニーズを捉え、製品のブランド価値を最大化するための販売施策を企画・実行していく。

    全国各地の営業拠点から各地域の取引先への営業活動を行う。自社の売上だけでなく、カテゴリ全体の成長につながるような、既存の枠に縛られない販売施策の企画が求められる。
    ※2021年4⽉より、営業本部から名称変更

  • ビジネスストラテジー部

    データを活用した市場分析、販売戦略の立案を中心として、営業社員を対象とした研修や取引先を巻き込んだイベントの企画など、営業活動のサポートを行う。

    マーケティング部をはじめとして、生産部や人事部、情報企画部など社内の他部門との連携も多く、様々な案件において営業と各部門を繋ぐ役割が求められる。
    ※2021年4月より、営業戦略部から名称変更

  • 財務経理部

    資本政策の企画や資金の管理等の財務系の仕事と、制度会計や税務等の経理系の仕事を一手に担い、各部門や子会社の企業活動を積極的にサポートする。

    専門的な立場からのサポートを求められる機会が多く、新規プロジェクト立ち上げの際や、海外事業会社への出向など、様々なフィールドで企業価値の向上に貢献している。

WORKPLACE

  • 東京本社 外観

    東京本社 外観

  • 大阪本社 内装

    大阪本社 内装

  • 東京本社 食堂(KABUTERIA)

    東京本社 食堂(KABUTERIA)

INTERVIEW

R&Dコース

日本最大級の研究拠点から
フードテクノロジーの波を起こす

研究拠点the WAVE(グローバルイノベーション研究センター/グローバル食品安全研究所)への初期配属を前提とした、研究開発領域のプロフェッショナルを目指すコース。

DEPARTMENT

  • 研究開発職

    即席麺、即席ライス、低温食品等の製品開発のほか、健康と栄養をテーマとした基礎研究にも携わり、未来に向けた新規技術を創出する。

    即席麺の開発は、麺、スープ、具材、包材の4分野に分かれ、それぞれの担当者が協力し合って一つの製品を作り上げていく。

  • 安全研究職

    食の安全性を高めるための分析方法の確立や、製品開発における安全性確認等の品質保証業務を担う。

    グローバル食品安全研究所は、食品の品質管理に医薬品の安全基準を導入し、高度な分析技術と世界屈指の食品安全管理体制を確立している。

  • 機械開発職

    新工場や新ラインの立ち上げプロジェクトのマネジメントや、設備機械の設計・開発を担う。

    研究所内での設計・開発に留まらず、国内外の工場での施工やアフターフォローも重要な仕事の一部。生産部やマーケティング部などの他部門との密接な連携が求められる。

WORKPLACE

  • the WAVE 外観

    the WAVE 外観

  • the WAVE 内装

    the WAVE 内装

  • the WAVE 食堂

    the WAVE 食堂

INTERVIEW

生産技術コース

食の安全・安心を担う、
生産技術領域のプロフェッショナルを目指す

自社5工場(関東・静岡・滋賀・関西・下関)への初期配属を前提とした、生産技術領域のプロフェッショナルを目指すコース。

DEPARTMENT

  • 工場製造課

    生産ラインでのオペレーションや機械のメンテナンスを通じて製品の安定供給に貢献するとともに、既存設備の改善提案を行うことで、より安全で効率の良い製造体制を実現する。

    製造オペレーターの他に、生産計画の立案や資材発注を行う「生産事務」、製品の品質保証に携わる「品質管理」といった職種があり、ローテーションしながら経験を積んでいく。

  • 生産部

    グループ会社を含む国内外の生産拠点の統括管理をする部署。生販調整、コスト管理、投資検討等の幅広い業務を他部署と協力しながら進め、全社の最適解の実現を目指す。

    2018年10月に稼働を開始した「関西工場」は最新鋭の設備を導入し、IoT技術を活用することで自動化・効率化を図るなど、製品の安全性と生産性向上を実現した次世代型スマートファクトリーである。

WORKPLACE

  • 関西工場 外観①

    関西工場 外観①

  • 関西工場 外観②

    関西工場 外観②

  • 関西工場 ライン内

    関西工場 ライン内

INTERVIEW