日清食品グループ

リセット

the WAVE - グローバルイノベーション研究センター

グローバルイノベーション研究センター

グローバルイノベーション研究センターは、「食足世平」(食が足りてこそ世の中が平和になる)、「食創為世」(世の中のために食を創造する) という創業者精神のもと、日清食品グループが成長するためのドライブコアとなる新しい技術を生み出しています。当センターには、即席麺だけでなく、チルド (冷蔵) 麺や冷凍麺、菓子や乳酸菌飲料の開発機能を集結。ジャンルの垣根を越えてさまざまな技術を融合させることで、未来に向けた新規技術の創出を図っていきます。さらに、生産工場に準拠した「テストプラント」の導入によって、試作品の制作から工場での大量生産を実現するラインの開発まで、グローバルイノベーション研究センターが一貫して行えるようになりました。

グローバルイノベーション研究センターの4つの機能

1. 基礎研究

基礎研究部では、食品加工にまつわる原理や仕組みを研究し、新しい技術を開発しています。タンパク質やデンプンなどの食品成分に特化した基礎研究や機能性食品の研究開発、味に関する基礎研究など、商品開発に直結する取り組みです。また、健康科学研究室では乳酸菌の研究を深化させていきます。

2. 応用研究

応用研究部では、さまざまな技術を駆使しながら、実際の新製品開発を行っています。また、菓子開発室では独自の新製品開発を行うと同時に、日清シスコの製品に関する基礎技術研究も行います。

3. 技術開発

どんなに素晴らしい試作品が完成しても、工場の生産ラインで大量生産ができなければ、製品化することはできません。新製品開発とは、同時に機械の開発でもあります。技術開発部では生産に関する技術を革新し、生産設備の開発を行っています。

4. 知的財産

新技術の特許戦略を推進し、国際的競争力を高めていきます。

開発実績

日清食品グループが生みだした画期的な製品の数々。「チキンラーメン」からスタートした即席麺の歴史は「日清のどん兵衛」のストレート麺や「日清ラ王」の三層太ストレートノンフライ麺など、革新的な技術の開発によって日々進化を続けています。

  • 即席麺の発明「チキンラーメン」

    1958年

    即席麺の発明
    「チキンラーメン」

  • カップ麺の発明「カップヌードル」

    1971年

    カップ麺の発明
    「カップヌードル」

  • 生タイプ麺の発明「日清ラ王」

    1992年

    生タイプ麺の発明
    「日清ラ王」

  • 即席カップライスの発明「カップヌードルごはん」

    2008年

    ストレート麺の発明
    「日清のどん兵衛」

  • 即席カップライスの発明「カップヌードルごはん」

    2010年

    即席カップライスの発明
    「カップヌードルごはん」

  • 三層太ストレートノンフライ麺の発明「日清ラ王」

    2010年

    三層太ストレートノンフライ麺の発明
    「日清ラ王」

生産工場に準拠した「テストプラント」の設置

グローバルイノベーション研究センター内に直線100m×幅37mという広大なフロアを設け、生産工場に準拠した「テストプラント」を導入しました。これまで、新技術を使った試作品が工場で大量生産できるかどうかを確かめるためには、稼働中の工場をストップさせてテストしていました。しかし「テストプラント」の導入によって、大量生産が可能な製品の仕様を当センターで確定し、すぐに生産へ移ることができるようになったのです。製品開発から大量生産にいたるまでの過程を効率化することで、発売までの期間を短縮し、市場での競争力アップを図ります。新技術を使った製品の製造には、新しい生産機械が必要になります。「テストプラント」で機械の設計や設定を行うことができることも、大きなメリットのひとつです。

ページトップヘ