日清食品グループ

リセット
2007.09.05 日清食品

お知らせ

即席めん製品 希望小売価格改定のお知らせ 〜 年内据え置き、新年から改定 〜

即席めん製品 希望小売価格改定のお知らせ
〜 年内据え置き、新年から改定 〜

日清食品株式会社(社長:安藤宏基)は、即席袋めん・カップめん製品のメーカー希望小売価格を、年内は据え置きますが、新年(2008年1月1日)出荷分から、7〜11%値上げさせていただくことといたしました。

即席めんの原材料である小麦の政府売渡価格は、本年4月に続き、10月からさらに10%と大幅に引き上げられることとなり、弊社への大きな影響が避けられない状況となりました。また、パーム油、包装資材、具材およびスープ原料などの原材料も、世界的な原材料価格高騰を受けて大きく上昇しております。今後、中長期的にもこのようなトレンドは続き、弊社の資材調達コストを押し上げていくものと予想されます。
また、企業の社会的責任が大きくなる中、環境保全や食の安全・安心のためのコストも多大なものとなってきております。

弊社におきましては、1990年のメーカー希望小売価格の改定以来、17年間厳しい環境の中、コストアップを抑える努力を続け、価格の維持に努めてまいりましたが、企業努力は限界に近づいております。
このような状況下、年内は価格を据え置くことといたしますが、引き続き高品質で、安全・安心な商品を提供するためにも、新年からやむなくメーカー希望小売価格改定を実施させていただくこととなりました。

弊社は、今後とも経営の効率化を図るとともに、永年培ってきた技術力を生かし、健康志向の商品、楽しい商品など、高付加価値で魅力ある商品を消費者の皆様に提案してまいります。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

主要な対象製品

主要な対象製品

価格改定実施日

2008年1月1日出荷分から
ページトップヘ