日清食品グループ

リセット
2008.03.11 日清食品

お知らせ

世界初の宇宙食「うどん」「そば」「焼き鳥」「いなり寿司」 土井隆雄宇宙飛行士、スペースシャトルに搭載し出発

世界初の宇宙食「うどん」「そば」「焼き鳥」「いなり寿司」
土井隆雄宇宙飛行士、スペースシャトルに搭載し出発

日清食品株式会社(社長:安藤宏基 本社:大阪市)が宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で開発を進めてまいりました、新開発の宇宙食が、土井隆雄宇宙飛行士の宇宙食として、米国航空宇宙局(NASA)スペースシャトル「エンデバー号」に搭載され日本時間の本日午後、宇宙へ出発致しました。

今回積み込まれたのは、初めて宇宙食に採用された新開発の「うどん」「そば」「焼き鳥」「いなり寿司」「生姜いなり寿司」「お好み焼き」の他、過去にもシャトルに搭載されたことのある「ラーメン」(しょうゆ、カレー、シーフード)の合計9品目です。

土井宇宙飛行士は、搭乗前の記者会見で「うどんやそば、焼き鳥などの日本の宇宙食を食べるのも楽しみ」とコメントされていますが、これらの宇宙食は同氏のリクエストを元に日清食品がJAXAと共同開発したものです。

弊社は、創業者安藤百福の強い思いにより、宇宙食ラーメンの開発を行い、2005年7月には、世界初の宇宙食ラーメン「スペース・ラム」が野口聡一宇宙飛行士の宇宙食として、スペースシャトル「ディスカバリー号」に搭載されました。
今回搭載の「そば」「うどん」も、「スペース・ラム」と同様、微小重力(無重力)空間でも、スープが飛び散らないように、粘度を高めたほか、スペースシャトル内で、給湯可能な70度のお湯でも湯戻し可能な麺を、小麦粉やでんぷんの配合を工夫することで実現しました。また、スープと同様に、一本一本の麺が飛び散らないように、湯戻し後も形状を保持する一口大の塊状麺を採用する(特許取得)など、今まで培った弊社の技術が随所に活かされています。
また、「焼き鳥」「いなり寿司」「生姜いなり寿司」「お好み焼き」も、弊社がインスタントラーメンの具材の開発で培った乾燥技術などを応用し、お湯を注ぐだけでの復元を実現しました。
これらは、めん類のサイドメニューとして開発し、土井宇宙飛行士に、食を通して日本的な安らぎを感じていただければと考えております。

日清食品は、「きぼう」日本実験棟の打上げ第一便の重責を担う土井隆雄宇宙飛行士を食を通して応援するとともに、今後、宇宙食開発のノウハウを活かして、さまざまな食機会に対応できる簡便性の高い加工食品への応用開発に取り組んでまいります。

商品概要

ページトップヘ