日清食品グループ

リセット
2001.01.11 日清食品

新発売のご案内

電子レンジ専用カップめん 「日清e-noodle(イーヌードル)」3タイプで新登場

電子レンジ専用カップめん
「日清e-noodle(イーヌードル)」3タイプで新登場
1.たて型カップめん「日清e-noodle 焼豚しょうゆ味」
2. どんぶり型カップめん「日清e-noodle 醤油とんこつラーメン」
3.皿型焼そば「日清e-noodle ソース焼そば」
新発売のご案内

日清食品株式会社(社長:安藤宏基)は、電子レンジ専用カップめん「日清e-noodle」シリーズ 1.「焼豚しょうゆ味」、2.「醤油とんこつラーメン」、3.「ソース焼そば」の3品を、2001年2月13日(火)より地区限定にて新発売いたします。

開発の意図

現在、日本における電子レンジの所有率は9割以上に達しており、家庭内におけるレンジ調理の習慣は十分に浸透しました。
今回、この「電子レンジ」の機能と「カップめん」を組み合わせて、「カップめんはお湯で作る」という今までの発想とは違った新規製品を開発いたしました。
電子レンジ専用カップめん「日清e-noodle」シリーズは消費者に新しい食シーンを提案し、21世紀の即席めんの新たな潮流をつくります。

商品コンセプト

「日清e-noodle」はその調理方法に特徴があります。レンジで調理するので、お湯を沸かす必要がありません。

商品特徴

1.たて型カップめん「日清e-noodle 焼豚しょうゆ味」(フライめん)調理時間約6分
・めん
電子レンジ調理によって独特のつるみと煮こみ感の出た、コシのあるレンジ調理用フライめんです。
・スープ
鶏がらをベースに焼豚だれの旨みと甘みをしっかり効かせたしょうゆ味です。
・具材
旨みをぎゅっと閉じ込めた厚みのある焼豚に、電子レンジ調理でシャキッと 仕上がる色鮮やかなインゲン、ふわっと仕上がるたまご、ねぎ、赤ピーマンなどで彩りを添えました。
・調理方法
「水を注いでそのままチン!」
上ブタを完全にはがし、「水」を容器の内側まで注いで電子レンジで5〜7分加熱調理して下さい。
2.どんぶり型カップめん「日清e-noodle 醤油とんこつラーメン」(ノンフライめん)調理時間約6分
・めん
レンジ調理だから実現した太くてコシのあるノンフライめんです。
・スープ
濃厚でまろやかな、コクのある醤油とんこつスープをチキンオイルで仕上げた深みのある味わいです。
・具材
柔らかい大きめチャーシューにメンマ、ねぎ、ほうれん草。仕上げに焼きのりを添えて美味しさを演出します。
・調理方法
「水を注いでレンジでチン!」
上ブタを完全にはがし、かやくを麺の上にあけ、「水」を内側の線まで注いで、電子レンジで5〜7分加熱調理して下さい。液体スープを入れて、
よくかき混ぜてからのりをのせて出来上がりです。
3.皿型焼そば「日清e-noodle ソース焼そば」(生タイプめん)調理時間約2分30秒
・めん
弾力のあるもちもちとした舌触りの生タイプめんは、電子レンジで調理するから芯まであつあつに仕上がります。
・ソース
ウスターソースをベースにスパイシーで香ばしく仕上げた本格辛口焼そば ソースです。
・具材
シャキシャキとした食感が自慢のもやしに、色鮮やかな人参。最後にふりかける青のりが彩りを添えます。
・調理方法
「水もいらずにレンジでチン!」
麺を容器にあけて、その上にかやくをあけます。フタを右下の線に沿って折り曲げて蒸気の抜け口を作り容器にかぶせて電子レンジで2分半〜3分加熱調理して下さい。ソースをかけてよく混ぜ合わせ、ふりかけをかけて出来上がりです。
● 電子レンジ調理対応カップ
たて型は底部に特殊加工を施した(特許出願中)発泡ポリエチレン紙容器を採用、どんぶり型も同様に発泡ポリエチレン紙容器を使用しました。焼そばは、「PPカップ」(PP:ポリプロピレン)を使用し、紙ぶたを使用することにより蒸し上げの機能を果たします。
なお、レンジ調理対応商品のため、上ブタには「アルミ」を使用しておりません。
● パッケージデザイン
ブラックバックに電子レンジのマイクロ波をイメージしたブルーロゴを配置しました。
電子レンジ専用を示す共通マークをいれております。
●広告展開
テレビCFは、第1弾では「日清のIT革命」と銘打って、「いまどき(I)&手軽(T)」な「日清e-noodle」の新登場をアピールし、第2弾では「仲間由紀恵さん」を起用して、身近な生活シーンの中で簡単便利でおいしい新感覚カップめんをアピールしてまいります。

商品概要

ページトップヘ