日清食品グループ

リセット
2004.04.19 日清食品

お知らせ

日清カップヌードル 新広告展開

-日清カップヌードル 新広告展開-
「NO BORDER」
TVCFオンエア開始のご案内

日清食品株式会社(社長:安藤宏基)は、カップヌードルの新広告「NO BORDER」シリーズを 4月23日(金)より展開し、第一弾TVCFとして「消える国境」篇を全国にて放映します。CF楽曲はMr.Childrenの「タガタメ」を使用します。

「NO BORDER」新広告展開の意図

日清食品は「おいしさは世界のことば」をキャッチフレーズに企業活動を行ってきました。その代表であるカップヌードルはおかげさまで1971年の発売以来、世界で80余りの国と地域で愛され、販売累計200億食を記録するにいたりました。
「NO BORDER」とは、そのようにカップヌードルが世界中で愛されている姿であり、また「おいしさを感じる気持ちに垣根がないように、人々の心にも垣根がなければいいのに」という願いも込めています。
カップヌードルの広告は、一貫して世界の様々な人々にカップヌードルが愛されるシーンを描いてきました。しかし、現在、世界では様々な不幸な出来事が日常的に起こり、平和なはずの日本でも不安を覚えることが多いのも事実です。
日清食品の企業理念の一つに「食足世平」(しょくそくせへい)という言葉があります。
すなわち「食が足りてこそ世の中が平和になる」という思いです。世界の誰かがカップヌードルを食べる時、少しでも「平和」について思いを巡らしてほしい、考えてほしい。これが日清食品の願いであり、多くの人々に共感して頂ける願い、「NO BORDER」であると考えています。

CF楽曲はMr.Children「タガタメ」

Mr.Childrenの「タガタメ」(作詞・作曲 桜井和寿 アルバム「シフクノオト」収録曲)をCF楽曲として使用します。世界で起きる様々な、痛ましい出来事に胸を痛めたMr.Childrenの桜井和寿氏が昨年、一人の父親として生活者の目線で一気に書き上げた曲です。またその思いを一刻も早く伝えるために、ラジオで先行発表したという異例の扱いであった曲です。今回の企画意図にこの楽曲がとても合致するため、Mr.Childrenに楽曲提供をお願いしたところ、企画意図に理解、賛同していただき特別に楽曲のご提供をいただきました。
今回の楽曲提供にともなうMr.Childrenの桜井和寿氏によるコメントをご参照ください。

Mr.Childrenの桜井和寿氏によるコメント

「インパクトのあるメッセージソング」として、
ラジオから流れていた「タガタメ」。
様々な連鎖を経て「POPソング」になろうとしている。
ふとしたとき、意味もなく口ずさんでしまう「POPソング」は
人の心の深層に刻まれ、作用していくのだと思う。
「タガタメ」にとってそれはとても価値の有ることだ。

(Mr.Children公式HPより抜粋)

カップヌードルサイト

本日よりカップヌードルのブランドサイトである「cupnoodle.jp」でも今回の企画意図などをページアップするほか、23日からはWebサイト限定の45秒バージョンのCFやメイキング映像がご覧できるようになります。また雑誌ほかの媒体でもこの広告を展開していきます。

広告グラフィック

ページトップヘ