日清食品グループ

リセット
2019.03.12 日清食品

お知らせ

日清食品株式会社が「プラチナくるみん」の認定を取得

日清食品株式会社 (社長:安藤 徳隆) は、優良な子育てサポート企業として、東京労働局より2019年2月18日(月)に「プラチナくるみん」の認定を受けました。

子育てサポートのためのさまざまな取り組みが評価されました
「プラチナくるみん」は、2015年4月に施行された改正次世代育成支援対策推進法に基づき、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣より認定 (「くるみん」認定) を受けた企業のうち、より高い水準の取り組みを行った企業が認定を受ける制度です。 弊社は、2015年から「働き方改革の推進」と「仕事と家庭の両立支援」に取り組んでおり、柔軟な勤務時間を可能とするテレワーク制度や、コアタイムなしのフレックスタイム制度を導入したほか、育児休業中の従業員を対象に、復職後の働き方やキャリア形成について学ぶ研修を行うなど、さまざまな施策を実施しています。 こうした従業員の子育てを多面的にサポートする取り組みが評価され、今回の認定取得に至りました。 日清食品は、従業員が仕事と子育てを両立しながら生き生きと働き続けられるよう、これからも支援と環境整備を続けていきます。

主な取り組み内容について

「働き方改革の推進」に関する取り組み
・所定外労働時間の削減、年次有給休暇取得の促進。
・柔軟な働き方を可能とするテレワーク制度や、コアタイムなしのフレックスタイム制度の導入。

「仕事と家庭の両立支援」に関する取り組み
・男性社員の育児参加を促進するため、配偶者出産時に取得できる従来の慶弔休暇付与日数を2日から5日に延長した「こども休暇」制度の導入。
・育児休業中の社員を対象に、復職後の働き方やキャリア形成について学ぶスキルアップ研修の実施。
ページトップヘ