日清食品グループ

リセット
2019.03.25 日清食品ホールディングス

お知らせ

香港子会社株式の一部売却に関するお知らせ

日清食品ホールディングス株式会社 (代表取締役社長・CEO 安藤 宏基、以下「当社」といいます) は、当社が保有する日清食品有限公司 (執行取締役・董事長・CEO 安藤 清隆、以下「香港日清」といいます) の株式の一部を売却しましたのでお知らせします。
香港日清は、香港地域を含む中国事業全般を統括している当社の子会社であり、2017年12月より香港証券取引所メインボード市場に上場しています。

今回の売却は、香港日清の株式の流動性の向上に加え、従業員に対するインセンティブプランを導入するために必要な浮動株比率を上げることを目的としたものです。これらにより、香港日清の業績および企業価値が長期的に向上することを期待しており、当社の香港日清に対する長期的なコミットメントは継続します。
また、今回の売却株式の一部は、香港日清の執行取締役・董事長・CEOである安藤 清隆が購入しており、これは同社経営陣が事業に対してより責任を持つ意思を示すものです。

当社による香港日清株式保有状況

売却前 売却後
当社保有株数 793,858,000株 752,024,000株
持分比率 73.89% 70.00%
※この文書は、香港子会社株式の一部売却に関して一般に公表することのみを目的としたプレスリリースであり、日本国内外を問わず、投資勧誘等を目的として作成されたものではありません。
また、この文書は、米国における証券の募集を構成するものではありません。米国1933年証券法に基づいて証券の登録を行うかまたは登録の免除を受ける場合を除き、米国内において証券の募集または販売を行うことはできません。米国における証券の公募が行われる場合には、米国1933年証券法に基づいて作成される英文目論見書が用いられます。目論見書は、当該証券の発行会社または売出人より入手することができますが、これには、発行会社及びその経営陣に関する詳細な情報並びにその財務諸表が記載されます。なお、本件においては米国における証券の公募は行われません。
ページトップヘ