日清食品グループ

リセット
2020.01.17 日清食品

お知らせ

森をまもるカップヌードル?「カップヌードル」を作る全工場で、環境と社会に配慮した「RSPO認証パーム油」を2020年2月から使用開始

日清食品株式会社 (社長:安藤 徳隆) は、「カップヌードル」を通して、地球と人の未来のためにすべきこと、できることに今すぐ取り組んでいく「カップヌードル DO IT NOW!」プロジェクトにおいて、"環境" と "社会" の課題に向き合う新たな取り組みを開始します。

日清食品ホールディングス株式会社は、サステナビリティ (持続可能性) に配慮した調達を強化するため、2017年10月より「RSPO (持続可能なパーム油のための円卓会議)」に加盟しています。
これを受けて弊社は、即席麺の製造に使用するパーム油について、森林破壊防止および生物多様性保全、人権に配慮されて生産、加工された「RSPO認証パーム油」の調達を推進しています。2019年3月からは、滋賀県栗東市の関西工場において、即席麺業界としては国内で初めて「RSPO認証パーム油」の使用を開始しました。
今回、この取り組みを拡大し、2020年2月から「カップヌードル」を生産する国内の全工場で「RSPO認証パーム油」の使用を開始します。これにより、弊社はRSPOのサプライチェーン認証を取得し、「カップヌードル」のパッケージに「RSPO認証マーク」を使用することができます*1。 「カップヌードル」は、さまざまな課題に向き合いながら、すべきこと、できることを次々と実践していき、地球と人の未来を今この瞬間から1つずつ変えていきます。

*1 「カップヌードル」のレギュラーのみ。サイズ、フレーバー違いのバリエーション品は対象外。

「RSPO (持続可能なパーム油のための円卓会議)」とは

Roundtable on Sustainable Palm Oilの略。
パーム油生産企業、メーカー、小売、環境団体などにより2004年に設立された非営利の会員組織で、本部はマレーシア、クアラルンプールにあります。持続可能なパーム油の生産と利用を促進しており、現在4,000以上の団体が賛同し活動を推進しています。RSPOの認証を受けたアブラヤシ農園から生産されたパーム油と、認証を受けた事業者が流通、加工した製品にはRSPO認証マークを付けることができます。

「RSPO認証マーク」とは

「カップヌードル」の認証マーク
RSPOが定める要求事項を満たしているとして、サプライチェーン認証を受けた企業は、「RSPO認証パーム油」を原料として利用した商品にRSPOのロゴマークを使用することができます。RSPOは、生産やサプライチェーンにおける管理方式の違いによって認証モデルを分類しており、「カップヌードル」はマスバランス方式*2で認証を取得しました。

*2 認証パーム油が流通過程で他の非認証パーム油と混合される認証モデル。物理的には非認証油も含んでいるが、その比率が最終利用段階まで厳密に記録されるため、購入した認証農園と認証パーム油の量は保証されます。

「カップヌードルDO IT NOW! プロジェクト」とは

「カップヌードル」を通して、おいしさだけではなく "環境" "防災" "健康" などのあらゆる課題に向き合って、地球と人の未来のためにすべきこと、できることを今すぐに取り組んでいくプロジェクトです。本プロジェクトのイメージキャラクターには、自らの行動で新しい扉を開き続け、日本人初のドラフト1巡目指名で、アメリカプロバスケットボールリーグに入団し、ルーキーながら大活躍をしている八村 塁選手を起用しています。
[URL] https://www.cupnoodle.jp/doitnow/
ページトップヘ