日清食品グループ

リセット
2005.10.31 日清食品

お知らせ

この星に、BORDERなんてない。

-日清カップヌードルTVCF-
「NO BORDERシリーズ“宇宙篇”」
TVCFオンエア開始のご案内

日清食品株式会社(社長:安藤宏基)は、カップヌードルのTVCF「NO BORDER」シリーズを2004年より展開しております。今回、シリーズ第7作目として「宇宙」篇を11月2日(水)より全国にて放映します。

「NO BORDER」シリーズ

日清カップヌードルは、おかげさまで1971年の発売以来、世界で80余りの国と地域で愛され、販売累計230億食を記録するにいたりました。
TVCF「NO BORDER」シリーズは、カップヌードルが世界中で愛されていることと、弊社企業理念のひとつ「食足世平」(しょくそくせへい・食が足りてこそ、世の中が平和になる)に基づいて、2004年4月から広告展開しております。「おいしさを感じる気持ちに垣根がないように、人々の心にも垣根がなければいいのに」という願いを込め、地球上の様々なシーンに存在するBORDERや、そのBORDERが生み出す具体的な問題を描いてきました。
そして、今までに6作品を展開してきたこのCFシリーズは、いよいよ舞台を宇宙に移します。まさに究極の「NO BORDER」な世界を表現する意図でこの作品は制作されました。

シリーズ第7作目「宇宙」篇

「いずれはBORDERのない世界を描きたい」との強い思いから生まれたこの作品は、「本来、この地球上にBORDERなんてないはずだ。」という直接的な表現で描かれたCFです。
舞台は、地球上空400kmの周回軌道に位置する国際宇宙ステーション(ISS)の中。そこで、宇宙飛行士がカップヌードルを食べようとします。空中に浮遊するカップヌードルとフォークを手にし、給湯ノズルからお湯を満たし、出来上がりを待つ途中でふと何かを想い、窓辺に移動します。そして窓外に広がる青い地球を見ながら、カップヌードルを食べようとします。その時 「この星に、BORDERなんてない。」宇宙飛行士のつぶやきのように、画面に文字が現れます。
彼がいる宇宙にはもちろん国境などなく、「究極のNO BORDER」な空間です。そんな、宇宙に存在する星々の一員であり豊かな自然をたたえる地球こそ、私達人類にとっての「NO BORDERの象徴」であるはずです。今回のCFで描く、究極のNO BORDERな世界
———それが≪宇宙≫そして≪宇宙から見た地球≫なのです。
息を呑むほどに美しい高精細(HD)映像と、Mr.Childrenの楽曲「and I love you」の『今わかる答えはひとつ ただひとつ I love you…』という歌詞が、このCFで表現したかった想いを、より鮮やかにしてくれます。

高精細(HD)カメラで描かれる美しく鮮明な「宇宙」

この「宇宙」篇は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、宇宙利用の拡大および宇宙発ビジネス・事業の創出を目指した支援制度「宇宙オープンラボ」を活用して立ち上げられた民間会社(SPACE FILMS)による初のCFとなります。
今回撮影のためにロシアから打ち上げられたビデオカメラは、世界初、民間所有の商用高精細(HD)カメラで、宇宙仕様に改造し、安全性試験を行ったものです。ロシア宇宙庁と交渉を重ね完成したこの独自のビデオカメラを使うことにより、今まで実現し得なかった高画質で鮮明な「宇宙」を映し出すことが可能になりました。

カップヌードルオフィシャルホームページ

制作準備から撮影本番までの過程を映像で綴った特別ウェブページを、カップヌードル・オフィシャル・ホームページに開設します。
制作スタッフの奮闘の様子を、是非ご覧下さい。(URL:http://cupnoodle.jp)
ページトップヘ