日清食品グループ

リセット

製品の環境面に関する指針や方針

日清食品グループは、人類を「食」の楽しみや喜びで満たすことを通じて社会や地球に貢献する「EARTH FOOD CREATOR」として、サステナビリティに配慮した調達を推進することで、持続可能な社会づくりに取り組んでいきます。
本方針は日清食品グループに関わるすべての調達に適用され、また取引先のサプライチェーン上においても、本方針または各社で定める同等の方針の遵守を要請します。

環境に配慮した容器包装設計の基本指針

1. 循環型社会形成のための3Rの推進
  • (1)廃棄物の発生抑制 (Reduce):容器の軽量化、減容化や包材点数の削減をめざす。
  • (2)再使用 (Reuse):詰め替え商品の開発を積極的に進める。再使用可能な容器を提案する。
  • (3)再生資源の利用 (Recycle):リサイクル原料資材の積極的な使用を図る。リサイクル性の高い素材の使用をめざす。
2. 環境への影響
人体・環境に悪影響を及ぼす可能性のある素材は使用しない。環境負荷の少ないバイオマス原料の使用を進める。
3. デザインへの配慮
環境や人に配慮したわかりやすい表示、ユニバーサルデザインに配慮する。
4. 環境への影響評価
原材料から廃棄までの環境負荷を考慮したLCA (ライフサイクルアセスメント) に基づいて容器包装を設計することに取り組む。

グリーン調達基本方針 (2007年5月制定)

  • 1.環境関係の法規、規制、協定、および適用される国際基準を遵守する。
  • 2.地球温暖化防止、地球環境改善等に配慮する。
  • 3.省エネ、省資源に配慮する。
  • 4.廃棄処理、処分が容易で環境負荷の少ない資材の使用に努める。
  • 5.再生可能なまたは再生資材の使用に努める。
  • 6.「安全・安心」を確認できる資材調達システムを構築する。
  • 7.人の健康に悪影響をおよぼす資材を使用しない。

日清食品グループ 持続可能な調達方針

日清食品グループは、人類を「食」の楽しみや喜びで満たすことを通じて社会や地球に貢献する「EARTH FOOD CREATOR」として、サステナビリティに配慮した調達を推進することで、持続可能な社会づくりに取り組んでいきます。
本方針は日清食品グループに関わるすべての調達に適用され、また取引先のサプライチェーン上においても、本方針または各社で定める同等の方針の遵守を要請します。

1. 食の安全・安心
安心して食べることが究極のおいしさにつながります。日清食品グループは、サステナビリティとトレーサビリティの視点に基づく原材料の調達を推進することで、創業以来経営の最重要課題と位置づける「食の安全性」をさらに追求し、消費者に安心とおいしさをお届けします。
  • ・原材料の分析・検査
  • ・製品の品質保証体制と品質調査活動
  • ・製品およびその製造に関わる規制の厳守
  • ・商品情報の提供
  • ・適切な輸送、保管
2. 法令・倫理の遵守
日清食品グループは、企業の社会的責任を深く自覚し、日常の業務遂行において関係法令を遵守し、社会倫理に適合した行動を実践することを倫理規程に定めています。 調達においては、各国の法令を遵守し、取引先と公平・公正で透明な関係を築き、適正な調達活動に努めます。また、調達に関わる機密情報および個人情報を適切に管理します。
  • ・事業の誠実性
  • ・汚職・贈収賄禁止、反競争行為の防止
  • ・コーポレートガバナンス体制
  • ・秘密保持、個人情報保護
3. 地球・環境
地球温暖化や水資源の枯渇など、環境問題は安定的な食糧生産に甚大な影響を及ぼします。日清食品グループは、各国の環境関連の法律や規則を遵守し、地球と環境の持続可能性に配慮して生産された原材料を調達することで、環境負荷低減 (森林破壊防止、地球温暖化防止など)、有限資源の保全、生態系の維持 (乱獲防止、生物多様性保全など) に貢献します。また、再生可能な資材を調達することで、有限資材の再利用に努めます。
  • ・環境マネジメント体制
  • ・廃棄物管理 (ゼロエミッション推進)
  • ・効率的なエネルギーの使用
  • ・グリーン調達
  • ・環境汚染の防止
  • ・生物多様性の保全 (絶滅危惧種生息地の保護・密猟の禁止)
  • ・農畜産物調達 (水使用削減、土壌肥沃度保全、生物多様性の尊重、農薬使用制限、適切な運搬距離)
4. 人権の尊重
日清食品グループは人権方針を策定し、「世界人権宣言」および「労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言」等の国際的な規範を支持しています。すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等です。日清食品グループは、人権、労働環境、労働安全衛生に配慮して生産された原材料を調達することで、強制労働、児童労働、差別、非人道的扱いを撤廃し、基本的人権を尊重した公正な取引を推進します。
  • ・児童労働の禁止
  • ・強制労働の禁止
  • ・差別の禁止
  • ・虐待・ハラスメントの禁止
  • ・職場における健康および安全性の確保
  • ・労働条件の適正管理 (雇用契約・労働時間・解雇手順)
  • ・適切な賃金の支払いおよび福利厚生の提供
  • ・従業員の結社および団体交渉の自由の尊重
  • ・先住民族・地域住民の権利尊重
5. コミュニティとの共生
日清食品グループは、ステークホルダーとの対話を通じて、豊かな地域社会づくりに取り組んでいます。原材料生産者が持続可能な資源の生産へ移行することができるよう、生産者の労働環境ならびに生活水準の向上を支援することで、コミュニティの発展、経済的自立に貢献します。また、購買・契約に関して公正な取引を徹底し、取引先との良好な関係構築に努めます。
  • ・社会および地域コミュニティとの対話
  • ・社会および地域コミュニティへの貢献
  • ・公正な競争
  • ・持続可能な活動の奨励
ページトップヘ